年齢問わず一人でも稼げる仕事はイラストと漫画です!

MENU

65歳でもできる仕事は漫画のとイラストの仕事でした

年齢65歳です。今の職業はコマーシャルなどの映像の企画・演出をしています。コマーシャルに限らず企業や商品を紹介する映像全般を作成する仕事です。

 

クライアントから依頼された映像のアイデアを考え、撮影を行い、撮編集して、ナレーションや音楽などの音入れ等の作業を行いますがその演出を担当しています。

 

 

一人でできている仕事は漫画やイラストの作成です。

 

仕事内容としては、現在は月刊誌で漫画の連載をページ数は少ないですがもっています。これは担当者とメールや電話で話し合い、事前にネタ(ネーム)を提出します。基本的には自宅でアイデアを考え、担当者にメールで送り、それを数回繰り返して自宅でペン入れを行います。

 

 

漫画に関しては手書きの原稿なのでアイデアの段階でOKが出れば、書き込んで郵送しています。基本的に一人の作業で完結する仕事です。また漫画以外にイラストやコマ漫画など不定期な仕事も舞い込んできます。これらの作品に関しては仕事の依頼内容によってコピー機でスキャニングしてphotoshopなどのアプリを使ってデータ化してメール添付で納品しています。

 

 

 

納品形態に関してはクライアントの指示次第です。これらの仕事の依頼も電話やメールで行うので、実際に出かけて行って会うことはありません。収入は月によって異なりますが3万円から10万円ほどです。

 

 

連載があるので固定された収入はありますが、生活できる金額にはまだなっていません。現状は副収入といった感じです。また、イラストなどは競合があるケースも多くて描いても収入にならないことも多々あります。

 

一人で稼げる仕事,イラスト,漫画

 

必要なスキルや資格といったものはありません。

 

ある意味、人気商売といえると思います。あえてスキルと言えば絵コンテの作成を長く描いてきたことくらいでしょうか?

 

コマーシャルというのはアイデアを出す時に素人でも理解できるように[絵コンテ]というものを作成します。絵コンテは台詞やト書きといったテキストで表現できるもの以外に簡単なイラストや絵を付けて内容を理解しやすくしたものです。

 

コマーシャルの演出を長くやっていたのでイラストや絵が描けるようになりました。元々、漫画家志望でしたからコマーシャルの仕事もその延長線上にあったのかもしれません。

 

絵コンテをコマ割りにしたのが漫画ともいえるので、この二つに違和感はあまりありませんでした。

 

会社名も特に限定された企業は少ないですが、これまでにお付き合いした会社が核となり、そこから派生した会社がクライアントとなります。この仕事を始めて数年なので、推薦や紹介などが私にとっての大きな財産と言えると思います。

イラストや漫画の仕事はニーズが消えることがない

この仕事の最大のメリットは自宅で完結することにあります。60歳を超えたあたりからコマーシャルの仕事は激減しまいしたが、コマーシャルを始めとする映像の仕事というのは他の業種に生かすことが難しいのです。

 

その中でビジネスとして成立したのが漫画・イラスト製作です。年齢的なこともありますが出不精にもなり、好きなことで悠々自適に生活をすることが夢でしたから、これでいくらかの生活費が稼げれば御の字と言えます。

 

 

ITの発達した現在では、仕事をする場所を選ばずに出来ることが多くなっています。私自身も地方への移住を考えています。小さな畑と釣りでもしながら仕事が出来る、そういう今後の人生を楽しむことへの発想が出来ることがこの仕事のメリットだと言えると思います。

 

移転をしていない今でも好きな時に釣りに出かけ、菜園を楽しんでいます。デメリットは意外と自己管理は面倒だと感じることです。どうしても家族優先、趣味優先になることがあります。

 

一人で稼げる仕事,イラスト,漫画

 

これは努力でなんとかなるので今後の努力目標です。もう一つのデメリットは、人との関係が希薄になっていくことです。これはメリットと裏表ですが、人と会うことによって発想できる機会を失っている気がします。

 

 

人との付き合いは人間を豊かにしますが、この機会が失われることは意外に大きいのかもしれません。

 

また、自宅で仕事を行うようになってから、趣味の集いや飲み会などの回数も減りました。これは知人たちとの関連性が連続的でなくなることが原因であるといえます。

 

社会性も少し失われていくような気がします。外出する機会は極端に減りました。例えば買い物のようなものでも自宅にいつもいるのでネットで受け取ることに不自由を感じません。一人で出来る仕事のメリット、デメリットはどうしても表裏一体になるようです。

個人がイラストや漫画の仕事で稼ぐコツは?

稼ぐためのコツをひとつあげるとするならば、個人の付き合いを大切にするということです。個人との付き合いが、いづれ多くの人の付き合いに発展していきます。

 

ITなどを利用した自宅作業では、人と接する機会が極端に減りますから、一人一人の付き合いの重要性は逆に増すのだと思います。また、個人から入ってくる情報が減る分、ネットなどから情報を多くとる必要があります。

 

自宅にいる分、世界とつながっている時間が長いと考えるようにしています。

 

 

ビジネスは損得ですから、この人と付き合えば良い情報や面白い発想が得られると思われないといけません。個人的に話す機会が減るのですからフェースブックやツイッターなどのツールは営業ツールと考え、情報収集、情報発信に活用することが大切だと思っています。

 

また、時間帯に縛られないのは自宅作業の利点ですから、深夜の修正などでも快く受けるようにしています。場所を選ばない仕事は、実は時間も選ばない仕事であるべきだというのが私の持論です。

 

誰も仕事をしてくれない時間帯に仕事をするというのはクライアントにとって大きなメリットになる気がします。それぞれの仕事内容に合わせた「一人で出来る仕事」のメリットを色々考えるの事は生き残る道になると思っています。